FC2ブログ

<医療事故>「豊胸手術ミスで死亡」女性の遺族が医師を提訴

<医療事故>「豊胸手術ミスで死亡」女性の遺族が医師を提訴 に関する記事です。
スキャンダラスG 豊胸手術並の威力を発揮しちゃう!?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071030-00000014-mai-soci
 茨城県つくば市の医院で受けた豊胸手術の2日後に死亡したのは手術ミスが原因だとして、死亡した会社員の女性(当時50歳)の遺族が、執刀した稲吉浩司医師(45)=東京都品川区=を相手に、約5700万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したことが分かった。稲吉医師は今月、所得税法違反で懲役1年、罰金4000万円の実刑が確定している。診療報酬の不正請求で医業停止中の02年には、医師として勤務したことなどが県の調べで判明している。

 毎日新聞が入手した医療記録によると、女性は稲吉医師が実質経営していたつくば市の医院で06年7月15日、約30年前に注入したワセリンを取り去り、シリコンを入れる手術を受けた。稲吉医師が局部麻酔をして約40分後の執刀中に痙攣(けいれん)を起こして心肺停止状態になり搬送先の救急病院で死亡した。

 稲吉医師は眼科医だった98年に診療報酬の不正請求が発覚。詐欺罪で有罪が確定し、旧厚生省から00年4月に医業停止3年間の処分を受けた。しかし、処分期間中の02年10月に水戸市内のPC-KEYTEMP-1>外科で勤務したことが水戸保健所の聞き取りで判明している。

 処分が解けた後に3医院を開いたが、06年4月~8月にすべて閉院。同年12月、所得税約1億6400万円を脱税したとして所得税法違反(脱税)罪で在宅起訴された。また、医師免許を持たない事務員らにレーザー脱毛をさせたとして、今年6月に医師法違反で水戸簡裁から罰金100万円の略式命令を受けた。

 稲吉医師が実質経営していた医院のある各地の消費生活センターには「まぶたの切開をして二重まぶたにしようとしたがならなかった」「PC-KEYTEMP-1>PC-KEYTEMP-2>を8回分契約したが、3回で医者がいなくなった」などの苦情が計110件寄せられている。

 稲吉医師は毎日新聞の取材に「コメントすることはない」と話している...

PC-KEYTEMP-0>




関連情報
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://biyoudenet.blog114.fc2.com/tb.php/100-a473e045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック